【あらすじ解説】映画「未来のミライ」の動画を無料で見る方法【2019年最新】

https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_4373-1.jpg
クラタ

こんにちは。クラタです。現在、海外で生活しながら大好きな新海誠作品を毎週見ることを生きがいに生きています。

https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2019/08/nayamu_boy2.png
悩める人

新海誠作品の「未来のミライ」を無料で見る方法がしりたいんだけどどうしたらいいの?

という悩みにこたえる記事になっています。結論からいうと未来のミライを無料で見るには、無料のお試し期間のあるU-NEXTがおすすめです。

映画「未来のミライ」の動画を無料でみるなら

いくつかの動画配信サービスで「未来のミライ」は配信されています。その中でもU-NEXTだと無料お試し期間でサクッと見られるのでおすすめです。30日の無料お試し期間の中で解約してしまえばお金をかけずみることができます。

U-NEXTを試してみる
31日以内に解約すると無料なので安心して登録できます

映画「未来のミライ」のあらすじ

ある寒い日に、主人公のくんちゃんが「お母さんまだかなあ」と子ども部屋の窓から車を見ています。赤ちゃんを産む為に入院していたお母さんがやっと帰ってきます。その姿を見たくんちゃんは、不思議な気持ちで目を輝かせ小さな妹を見つめていました。

祖母が帰ってしまい、お母さんがミライちゃんにつきっきりになると、関心が自分に向くようにアピールするくんちゃん。でもお母さんは授乳でほとんど寝られず疲れが取れずうたた寝をしています。そんなくんちゃんにお父さんが遊ぼうとしてくれますが、どうしてもお母さんに振り向いて欲しいくんちゃん。

妹が帰ってき日にお母さんと「妹と仲良くする」と約束していたので、絵本を読んだりおもちゃで遊んであげたり頑張っていました。でも生まれたばかりの赤ちゃんにとっては逆効果になってしまい、次第にお母さんがミライちゃんばかりを見ていること、自分の相手をしてくれない原因になっていると考えるようになります。

わざとミライちゃんの頬をつねってみたり泣かせているうちに「仲良くするって約束したじゃない」と怒ってしまいます。中庭に飛び出したくんちゃんの前に「無様ですなあ」と話す一人の大人の男が登場して…。

映画「未来のミライ」の登場人物紹介

くんちゃん(4歳)

物語の主人公で甘えん坊の男の子です。お父さん、お母さんと犬のゆっこと一緒に生活しているものの、妹のミライちゃんが生まれたことで愛情が奪われたと思い込むように…。

今まで愛情を一心に受けてきたくんちゃんは赤ちゃん返りをするように。口癖は「好きくない」で両親を困らせます。やんちゃで時々いいすぎちゃうけど心優しい男の子です。新幹線が好きでプラレールをいっぱい持っている。

ミライちゃん(0歳)

くんちゃんの妹のミライちゃん。未来から突然やってきた不思議な少女はミライちゃんが成長した姿です。いきなり庭にあらわれくんちゃんを「時をこえる」冒険に連れていきます。ハキハキとしたちょっと強気な女の子。くんちゃんになにかあるとやってきて、喧嘩をしたり助けてくれます。いるもセーラー服であることから中学生ぐらいだと思います。

他、登場人物

他にもフリーの建築家で自宅で仕事をこなすお父さんは、ちょっと抜けているところもあるけど優しく、育児に積極的に取り組んでいます。子どもの抱っこが苦手で慌てている一面も。おかあさんは子育てに仕事に忙しいながらもいつもベストを尽くそうと頑張っています。

他にも2人の孫が生まれくんちゃんや犬のユッコのお世話をするばあばや、ひなまつりのときに会いに来るじいじなどが登場します。また物語の鍵を握る謎の男は、いつも愛情を欲しがりくんちゃんに問いかけます。よく見ているとちょっと犬っぽい一面もあり…?

それぞれ立場によっての思いが感じられる物語で、登場人物が生き生きと描かれています。

映画「未来のミライ」の結末のネタバレ

未来のミライはよくありがちな妹や弟ができることで、子どもがヤキモチを妬いてしまったり、お母さんが取られてしまったなどすねてしまう子どもなど何気ない日常を描いています。タイムリープによって成長した妹が現れ、過去と未来を行き来しながら時間旅行に出発します。

くんちゃんはゲートを通してそれぞれ異なる世界を旅します。その冒険のなかで成長し、お兄ちゃんとしての自覚が目覚めていきます。「会ったことのない、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんまでずっと繋がっている」というミライちゃんのセリフがあるように、会ったことがなくても時間軸で縦に広がり繋がっていることを作品を通して伝えています。

最後に時間旅行から戻ってきたくんちゃんが、乾燥機からズボンを出して自分で履き、はいはいしてきたミライちゃんに大好きなバナナを渡し思いっきり笑い、胸の奥にあったものがすーっと溶けていくのでした。作品の最後でミライちゃんに向けた笑顔が物語の本当に伝えたかったことなのではないでしょうか。

U-NEXTを試してみる
31日以内に解約すると無料なので安心して登録できます