【ミャンマー】寂しいので誰か遊びに来て欲しいからミャンマーの行き方を書いた【旅行】

駐在生活も半年間がたって寂しさが限界突破しそうなので早く友達に遊びに来て欲しいその一心で書いた。はよ遊びきて。

ミャンマー旅行の費用って?

・航空券代

ANA直行便は楽だけどお高い…

日本からミャンマーまではエアアジアを使用してタイを経由すれば往復30,000円くらいで行ける。ベトジェットを使用してハノイを経由してくるパターンだと45,000円くらい。おすすめはトランジットの時間長くとってタイかハノイで遊んでから来たらコスパ良い。トランジットで最短だと10時間くらいのフライト。

僕らのANAが1日1本直行便を飛ばしてて往復80,000円くらい。マイルためる目的だったり荷物多く載せたい場合はこっちの方がおすすめ。直行便でも7時間はかかるから正直トランジットの方がコスパは良い。

・食費

ミャンマーにはクラフトビールもある

普通のレストランでだすジョッキビールの値段が大体3000チャット(215円)程度の物価感。もっと安いとこもざらにある。レストランで二人で美味しいもの3~4皿食べて3~4杯くらい結構飲んで40000チャット(2870円)くらい。ミャンマーにきてから自炊一切しない28歳男性の食費が日本と比べて半分未満になったから、旅行だったら全然お金使わないと思う。

・ホテル費

大体相場感としてこんな感じ

  • 星5クラス:8,000円~13,000円/泊
  • 星4クラス:4,000円~6,000円/泊
  • 星3クラス:4,000円~5,000円/泊
  • 星1.2クラス:700円~1,5000円/泊

星5クラスのホテルでも1,0000円を余裕で切るホテルが無数にあるのと、なんなら市内から少し外せば同ランクでもっと安いホテルもある。基本的にミャンマーはタクシー移動(歩くのは暑すぎて無理)になるから、市内からちょっと外しても何ら問題はないと思う。星5クラスのホテルが安い割に豪華で綺麗だから是非泊まって欲しい。テンションは間違いなくあがる。

ちなみに郊外のリゾートホテルとかに止まると上記の金額の2割減もしくは同価格くらいだと思う。ビーチリゾートのバカンで星5クラスのホテルに泊まった時の様子をあげてたのでよかったら参考に。超綺麗。

ちなみに日本と違って一人いくらではなくて、一部屋いくらって形なので、一緒に行く人が多ければもっと安い。

・交通費

基本的にGrabっているライドシェアアプリが使えるので、このアプリで呼べば普通にタクシーは捕まる。ちなみに東京で渋谷から六本木にタクシーで移動するくらいの距離で大体150円とかで移動できる。

・トータル費用

とりあえず日本人で普通に東南アジアを楽しみたいだけなら3泊5日くらいしてくれれば十二分に楽しめると思う。お一人さまをざっくり計算すると。。

  • 合計: 70,000円
    • 飛行機(LCC利用):30,000円
    • ホテル(星5クラス利用):8,000円 × 3泊 = 24,000円
    • 食費(かなり豪華): 15,000円
      • 昼食 1,000円 × 3回 = 3,000円 
      • 夕食 3,000円 × 3回 = 9,000円
    • 交通費: 1,000円

って感じ。夕食はホテル級な食事をとるイメージな値段設定だからもっと抑えられる。ホテルに関しては市内を外せばもう少し安いところはある。むしろ僕ん家とまってくれれば無料になる。

ミャンマー旅行のベストシーズンって?

乾季だと雲ひとつない青空でむちゃくちゃ暑い

ミャンマーは12月から4月までが乾季と呼ばれるベストシーズン。5月後期から11月頭までは雨季と呼ばれるオフシーズン。ただ雨季は実際8割晴れで2割雨(降っても一瞬)みたいな感じだから、全然観光できる。むしろ雨季の方が行くとこ行くこと空いてるからお得だと思う。乾季になると灼熱になるけどビーチとか行くんだったらこの時期の方が楽しい。

ミャンマー旅行の持ち物って?

・服装

日本の夏。完全に夏。雨季だろうが乾季だろうが基本的に暑いので普通に半袖半ズボンとかで外歩ける。女性も旅行者は半袖ショーパンとかタンクトップにタイパンツみたいな格好で歩いている人が多い気がする。ミャンマーの人はロンジーていう腰巻(長いスカートみたいな)をまいて歩いている。

・特別にもっていくもの

基本的に何ももってかなくても全然大丈夫だと思う。汗拭くハンカチくらい。衛生面に注意したい人なんかはウェットティッシュみたいなのを持ってくと良いかもしれない。東南アジアあるあるだけどトイレットペーパーないみたいなお店はあまり無いから持参しなくても良いと思う。

ミャンマー旅行のモデルコースって?

・シェアダゴンパゴタ

金箔張り替え時期にいくとちょっと残念なことになる

ヤンゴン市内とかだとシェアダゴンパゴタていうミャンマーで一番大きな金ピカの寺院があるので言って欲しい。黄金の建物に囲まれながら真鍮でできた金ピカの葉が風にゆられて「しゃらん、しゃらん」って静かに鳴るあの空間は割と感動する。ミャンマー人にとってのランドマークというか聖地的な存在。

・ゴールデンロック

金ピカの石が巨大すぎてめちゃくちゃ迫力ある

これまた金ピカな岩がある寺院。崖から落ちそうで落ちない不思議な岩として有名。ブッダの髪の毛が入っているおかげでバランスを保ててるらしい。金箔をはってお参りする。行くまでの道で山道を爆速で走るトラックに乗ったりするのが最高に面白い。

・ガパリビーチ

最高につきる

アジアの中でベストビーチに選ばれたこともある場所。ヤンゴンから国内線で大体2時間くらいで行ける。綺麗な砂浜と透き通る海が広がるビーチリゾート。東南アジアのビーチって海は綺麗でも人でごった返してなんじゃこりゃみたいなパターン多いけど、ガパリは人少なめ。何より個人的に感動したのは海産物がめちゃくちゃ美味い。どでかいロブスターが1尾300円くらいで食べれたりする。コスパが最強。

・バガン遺跡群

一日中バイク走らせてたらめちゃくちゃ日焼けした

古代の遺跡群がそのまま残された広大な土地。いろんなもののスケールがでかい。映画みたいな世界観を電動バイクで走ったりできる。バガンの遺跡群を一望できるタワーからみえる朝日が有名。ちなみにツアーで申し込むと気球にも乗ることができるらしいんだけど、30,000円/1フライトするらしいので結構高い。ただタワーからでも素晴らしい景色だったから、気球からの眺めはさらに感動するんだろうなとは思った。

ミャンマー旅行の注意点って?

・スリに注意?

とはよく言われているけどこれまで東南アジアめちゃくちゃ行っているけど一度もスラれたことないので正直気をつける必要はあまりないと思っている。特にミャンマー人みんな親切で真面目だし。とりあえず普通にリュック背負って財布落とさないようにちゃんとしまっとけば問題なし。

・犬に注意

狂犬病っていう噛まれた一発アウトの病気がまだミャンマーには残っているので犬には要注意。野良犬は結構いる。ただ暑いので昼間はあんまり元気ない。道のど真ん中で普通に寝ていることがあるので、気付かず尻尾ふんだりすると噛まれることはあるかもしれない。

とにかく寂しいから遊びに来て欲しい

日本から持参したキングダムハーツも2周目を開始しました

もともとインドア派なのもあるけど駐在してから仕事終わったら秒で家にかえりネットサーフィンしまくっている生活なのでマジで寂しい。そろそろ本当に寂しい。ので是非あそびにきてくださいお願いします。

ミャンマーに行くならスカイチケット!

スカイチケットはミャンマーを含む東南アジアの格安航空券を検索することができる便利なサイトです。
東南アジア旅行にとても便利なので是非使ってみてください。