【最新】ゴールデンロック楽しすぎ【記事はコチラ】

The Residence on Thonglor by UHGに宿泊した体験をレビューしてみた【バンコクでおすすめのホテル】

https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_4373-1.jpg
クラタ

会社員しながら週末を利用して東南アジアに旅行しまくっています。クラタ(@kurachi009)です。海外移住先を探して旅しています。

https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2020/03/komatta_man2.png
悩める人

The Residence on Thonglor by UHGに泊まってみようと思うんだけど、実際に泊まった人のレビューが知りたい!バンコクでサービスアパートメント検討しているんだけど、The Residence on Thonglor by UHGの設備が知りたい!

という疑問を解決するための記事になっています。

先日、旅行で実際に「The Residence on Thonglor by UHG」で宿泊してみたので、その時の体験をレビューしていきます。

交通の便や部屋の広さ、綺麗さも含めて、とてもコスパ良いホテルでした。再びバンコクにいく際はまた宿泊しようかなと思っています。

ホテルの価格比較ならコチラ

Booking.comで探す

Expediaで探す

agodaで探す

ちなみに、タイにいく際はこちらのサイトから航空券の価格比較できるのでおすすめです。

航空券の価格比較ならコチラ

スカイチケットで探す

エアトリで探す

Kiwi.comで探す

The Residence on Thonglor by UHGのおすすめポイント

The Residence on Thonglor by UHGはバンコクのトンロー地区にあるホテルです。市内に向かう大通りに面していて交通の便が非常に良いのが特徴。サービスアパートメントとして利用が可能なので長期滞在の方にもおすすめです。

こちらのホテルのおすすめポイントをまとめると以下の3点になります。

おすすめポイント
  1. 大通りに面していて空港に行くにも市内に行くにも便利

2. 日当たり抜群の屋上プールが最高で日焼けし放題

3. 価格の割りにかなり広い部屋を案内されるので超快適

バンコク市内で3000~5000円/泊で泊まれるホテルとしては、かなり安くて快適でコスパ良しでした。

The Residence on Thonglor by UHGのアクセス方法

The Residence on Thonglor by UHGへの行き方は以下になります

アクセス方法

・鉄道 Khlong Tan (クーロン タン)駅から徒歩で20分

・水上ボート Thong Lo Boat Station (トンローボート)駅から徒歩で15分

・ドンムアン国際空港からタクシーで30分

・スワンナプーム国際空港からタクシーで24分

基本的にバンコク市内はGrabを使用したタクシー移動がメインの交通手段になるので徒歩よりもタクシー移動を参考にした方が良いかもしれません!

https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_4373-1.jpg
クラタ

東南アジアでは移動手段としてタクシー配車アプリのGrabが主流です。日本ではタクシーは鬼高いけど東南アジアだと日本の3分の1くらいで乗れて、より一般的な移動手段になっています。

The Residence on Thonglor by UHGの客室を紹介

The Residence on Thonglor by UHGには客室タイプとして以下があります。基本的に単身者用のサービスアパートメントとして、普段は提供されているのでベッドは基本1つです。ひとり旅に超ありがたい。ちなみにエクストラベッドも用意可能とのことでした。

客室タイプ

・スタジオデラックス

・スタジオジュニアスイート

・1ベッドルームガーデンスイート

・スタジオパノラマスイート

・1ベッドルーム パノラマスイート

・スタジオ キングツイン

クラタ

今回はBooking.comでGenius特典が効いて通常のスタジオタイプからスタジオジュニアスイートに無料アップグレードしてもらいました!神!

スタジオジュニアスイート タイプ

入り口から部屋をみたとき

入った瞬間にビビりましたが、スタジオジュニアスイートルームは20畳くらいの広さがあります。

デスクはこんな感じ。ちなみにすぐ隣が巨大な病院になっていて、窓から見える景色はそこの駐車場になります。ホテルっていうよりサービスアパートメントとして住むところって感じなので、景色はあんまり期待しちゃダメかもです。

ベッドはキングサイズでひとりだと持て余すレベルに巨大でした。横で寝ても縦で寝ても足が飛び出さない奇跡。

ソファを異常に巨大でこれがもはやベッドとして機能するんじゃないかってくらい巨大でした。デカすぎ。

ソファーの正面からみたとき

ソファから反対側をみたときがこんな感じ。大型テレビとダイニングテーブルがあり、食事をしながらご飯を食べることもできます。部屋広すぎてソファーとテレビまでの距離が6mくらいあるので、ソファーからテレビみるには遠すぎて笑いました。

ダイニングテーブルはこんな感じでトイレとお風呂に入っている人を眺めながらご飯が食べれる謎の配置です。住む場合は有り余っているスペースの方へ位置を変えた方が良いと思いました笑

東南アジアあるあるですがお風呂はガラス張りのスケスケ仕様でした。ちなみにブライドでガラス窓を隠すこともできるので安心です。バスルームだけで6畳くらいあってビビります。湯船はとてつもなく大きくて、成人男性(170cm)が浸かって足を伸ばしても対面につかないくらい巨大でした。最強。奥にはシャワールームも完備しています。

トイレと洗面台はこんな感じ。トイレにはウォッシュレットはついていませんがかなり綺麗です。洗面台は巨大で空きスペースも豊富なので助かります。

サービスアパートメントとしての利用

https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_4373-1.jpg
クラタ

The Residence on Thonglor by UHGをサービスアパートメントとして検討している人が気にするキッチン周りや設備周りも見てみました

The Residence on Thonglor by UHGではアメニティも完備しています。ホテル仕様のハンドソープ、歯ブラシ、コーム、シャワーキャップ、トイレットペーパー、シャンプー、コンディショナー、ドライヤーが備わっています。

タオルもバスタオル2枚、ハンドタオル2枚が常備されています。こちらのアメニティとタオルはサービスアパートメント契約の場合、毎日交換になるそうです。

入り口付近のキッチンスペースです

こちらの部屋では入り口からすぐ入ったところにキッチンがあります。

IH対応のコンロ、電気ケトル、トースターが常備されています。長期滞在にありがたいやつ。

海外制の電子レンジも搭載しています。ミャンマーに駐在していた際は中国語もしくは韓国語表記だったので、英語表記なのがありがたい。。

基本的なカトラリー類は用意されているので、日本から何か食器類などを特別にもってくる必要はなさそうです。

キッチン下には、洗濯/乾燥機能付きの洗濯機がついています。1日しか使わなかったので実際に使いませんでしたが、容量として10kgくらいなので割と頻繁に洗濯は必要そう。

冷蔵庫は中国製の2ドア形。冷凍庫と冷蔵庫に分かれていました。1~2人程度の生活だったらこのサイズでも十分そう。

収納として2畳分ほどのクローゼットが用意されています。金庫、アイロンが収納されています。またホテル同様にランドリーサービスも利用可能です。

一方にはアイロン台、ハンガー、パンツ用ハンガーが収納されています。必要最低限のものは揃っているので、何もなくてもすぐに生活は始められそう。

The Residence on Thonglor by UHGの館内設備をご紹介

The Residence on Thonglor by UHGの館内設備が以下になります

カフェ (2F)

宿泊者用のカフェが用意されています。朝はこちらがビュッフェ 形式になります。朝起きるの遅すぎて僕が行った際はすでにビュッフェ が終了していました笑 奥のカウンターでコーヒーなどの飲み物などをいつでも注文することができます。

店内も広々としているのでPC作業などもできて便利です。ちなみにこちらのフロア全体には無料Wifiがとんでいるので安心。

ラウンジ (2F)

宿泊者であれば自由に使えるラウンジスペースになります。チェックイン/チェックアウト後などはこちらでゆっくりできます。

ちなみにチラッと見えていますがホテルの1Fが日本でもよく見かける便利なコンビニFamily Martなので、基本的な生活用品や軽食、飲み物などがさくっと買いにいけるのも魅力です。

ジム (屋上)

屋上にはランニングマシンを中心としたジムスペースがあります。景色を眺めながら走れるので最高ですね。

謎にジムの横にはパターゴルフ練習用のコートがありました。駐在員は毎週末が謎にゴルフで埋まるのでおすすめです。

プール (屋上)

屋上には見晴らしの良いプールがあります。トンロー地区はバンコク市内の中心まで車で5分もかからないのですが、The Residence on Thonglorの周辺にはそこまで高い建物がないため影がありません。これ、バンコク市内では超重要です。ほとんどの屋外プールが建物の日陰になっていて、日差しを感じれないんですよね。欧州からきたっぽい駐在員のおじさん方がこれでもかと、日向ぼっこしていました。

ただしプールの広さはコンパクトで20mほど。見方次第ではインフィニティプールぽくなるかもしれません。

The Residence on Thonglor by UHGの評価

The Residence on Thonglor by UHGの評価としては、Booking.com上では8.5(2020年3月時点)と平均以上です。参考までに予約サイトの口コミを共有します。

良い口コミ

・部屋の天井が高く,ゆったりとした作りでリラックス出来,ベッドの寝心地が良い。内装がスタイリッシュで清潔感があり,バスタブがあり良かった。

・立地もよく、広くて朝食も美味しい。文句なし。コスパ抜群の歌い文句に間違いはなし。

悪い口コミ

・バイクの音がうるさい。

・トンローという地区は元々日本人の駐在員が多く住んでおり、そのため出張者も多い。他のホテルやレジデンスは日本のテレビが入るが、ここは入らない。

Twitterでは実際に単身赴任している人や出張者から以下のような口コミが寄せられているようでした。

https://twitter.com/m2f_massages/status/1167279903470784513?s=20
https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_4373-1.jpg
クラタ

基本的に立地の良さと価格に対して広い部屋を提供していることに対する良い評価が目立ちました。ただ、大通りに面していることで通りの煩さが気になるという声もありました。自分が宿泊した部屋が大通り面ではなかったので気になりませんでしたが、気にする人はホテル予約時に大通りに面していない部屋を希望したほうが良さそうです。

The Residence on Thonglor by UHGに宿泊した感想

24時間応対してくれるチェックインカウント

今回は日本からバンコクへLCCで移動して深夜着だったのですが、夜中の1時すぎにも関わらずチェックインカウンターの方が丁寧に接客してくれて好感がもてました。また、通常のスタジオルームから1ランク上のスタジオスイートルームに無料アップグレードしてくれたのがありがたかったです。バンコク市内で3000円/泊程度で泊まれるホテルとしては、かなり質がよくコスパが良いのではないでしょうか!バンコクに遊びに行く際の定宿にしたいと思います。

おさらい:The Residence on Thonglor by UHGの基本情報

ホテル名The Residence on Thonglor by UHG
住所ติดโรงพยาบาล คามิลเลี่ยน ถนน 73 Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ
電話番号+66 2 185 1555
アクセスドンムアン国際空港からタクシーで30分
スワンナプーム国際空港からタクシーで24分
宿泊料金3000円~
チェックイン14:00~
チェックアウト~12:00
ホテルの価格比較ならコチラ

Booking.comで探す

Expediaで探す

agodaで探す

航空券の価格比較ならコチラ

スカイチケットで探す

エアトリで探す

Kiwi.comで探す