タイの映画館が豪華すぎ!新海誠作品「天気の子 (英題:Weathering with you)」を観に行ってきた件

https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1149.jpeg
悩める倉田

「天気の子」観にいきたいのに全然ミャンマーで公開してくれないから、公開はじまったタイに行って観れば安く早く観れんじゃないの?

と思いつき、ちょっとタイまで「天気の子 (英題:Weathering with you)」を観に行ってきたので、その様子をちょっとレポしてみようと思う。

新海誠作品「天気の子 (英題:Weathering with you)」とは

次々とヒット作を生み出してきた新海誠作品。特に「君の名は」で爆発的に売れた後で次回作のプレッシャーは半端なかったと思うけど、そんな中で公開された「天気の子 (英題:Weathering with you)」は最高の作品だった。

ざっくり説明すると、雨の降り続ける日本でお祈りすると「晴れ」にできる力を持った少女が少年と一緒に周囲の人を幸せにしていく話。

RADWINPSの劇中歌が凄まじく心を揺さぶる系なのと、舞台になっている新宿とか代々木とか池袋とかで青春時代を過ごした自分には、見覚えある風景が盛りだくさんで没入具合が半端なかった。

タイで「天気の子 (英題:Weathering with you)」が遂に公開

日本では公開して久しいけど海外での公開はまだまだこれからな「天気の子 (英題:Weathering with you)」。日本では2019年7月19日には公開されていたけど、先日行ったタイでの公開は2019年9月5日で2ヶ月遅れ。

日本に帰国した時に観ようかなって思ってたんだけど、日本戻ると健康診断だったり仕事だったりで映画見る時間がなくてデジタル配信されるまで待とうかなって思ってたら、タイの仲良い友達がInstagramに「公開された!」ってアップしていたのを観て「そうだ、タイで観れば良いや」ってことでタイに移動。

オンラインで予約を取って、早速観に行ってきた。

タイの映画館のクオリティが素晴らしすぎる

とりあえずネットで映画館検索してでてきたCentralWorldていうショッピングモールにある映画館にきてみた。

ショッピングモールの最上階にあってエスカレーターのぼってきてみたら入り口がもうすごい。せっかくタイまで飛行機できて映画みるんだし「ファーストクラス」っていう高めなシート選んでみたら想像以上だった。

「ファーストクラス」のチケットを持っているひとは一般シートの人とは入り口から違うらしい。入り口前にあった謎の銅像が印象的すぎる笑 ちなみにここから廊下を100mくらい歩くとようやく映画館に入れる。無駄に広い。

ようやくエントランスをぬけると空港みたいなラウンジが登場。ここで映画が始まるまでご飯を食べられるらしい。

小さめのハンバーガーとかタパス的な料理が並んでてどれもめっちゃ美味しい。

ここで注文した食事はそのまま映画館にも持っていくこともできた。最高か。

ファーストクラスのシートがあるホールは2つしかないみたいで、そのうちの1つに入ってみた。ちなみにラウンジでポップコーンとコーラを注文したらまさか映画館内の席まで持ってきますよって言われた。最強か。

映画館に入るとまさかのフルリクライニングシートが鎮座していてびびる。隣の人との距離とか3m以上あってスペース贅沢に使いすぎてて泣いた。日本だとこんなん絶対できない。

タイの映画は予告編の上映時間が30分近くあるらしく、一回入ってまたラウンジでご飯食べてた笑 もどったら調度予告編が終了。タイの映画館はタイの国王に経緯を示すために本編の上映開始前に5分ほど敬礼用の映像が上映される。その間は立たないといけないらしく起立して終わるのを待っていた。

そして本編。超快適な環境でラウンジから大量に紙ナプキン持って行ったおかげで全力で泣いた。

タイの映画館でプチ贅沢体験するならCentralWorldに行こう

バンコク市内にはいくつか映画館があるみたいだけど人の少なさと施設の綺麗さをGoogleMapのレビューみながら比較したらCentralWorldにある映画館が一番良さそうだったから行ってみた。バンコク市内の中心から5分くらい電車でいったところにあるのでアクセス的にも良い。おすすめ。