【最新】ゴールデンロック楽しすぎ【記事はコチラ】

オンライン飲み会におすすめなアプリを紹介【多人数で参加も可能】

https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2019/08/nayamu_boy2.png
悩める人

コロナで自粛ムードで家にいるんだけど超暇!オンラインで飲み会して鬱憤を発散したい!

という悩みを解消するような記事になっています。今回は自分が普段オンライン飲み会で使っているツールを紹介したいと思います。

オンライン飲み会とは

あまり聞き慣れない言葉で疑問におもった方も多いはず。コロナウィルスによる外出規制によって人が集まる環境での飲み会が難しくなってしまった関係で、それに変わる手段としてオンライン飲み会が注目されています。

オンライン飲み会といっても、普通の飲み会とやることは変わらず友人や恋人と共にお酒や食事を楽しみます。ただ、それをする場が居酒屋やレストランではなく、自宅であること。また、会話方法が対面ではなく、インターネットを介したテレビ電話に変わる部分が大きな違いです。

やり方としては、基本的にPCやスマートフォンでZOOM、LINE、Facebook Messengerなどのアプリを起動して、カメラとマイクを使用してオンラインでビデオ通話を行います。

もちろんお店で飲むわけではないので、飲み物や食べ物は自分で用意しなければなりません。ただ、自分のペースで好きなものを好きなだけ食べたり飲んだりできるのである意味コスパは良いです。

オンライン飲み会のメリット/デメリット

オンライン飲み会には普通の飲み会と比較して、メリットとデメリットがあります。何回かオンライン飲み会を実際にやってみて感じたことを下記にまとめてみました。

メリット

・自分の好きなお酒と好きな食べ物を自分のペースで楽しむことができる

・飲み屋に行かなくても自宅でスグに始めらるので時間を節約できる

・飲み屋で飲むよりも圧倒的に費用を抑えることができる

・万が一、寝落ちしても自宅に居てすでに帰宅状態なので安心

デメリット

・お酒や食べ物を自分で用意するのが手間

・飲み会前にオンラインで会話できる環境 (アプリのダウンロード、PCのマイク設定等)を整えないといけないので面倒

・Wi-Fiが切れるなどのトラブルが起きることがたまにあって萎える

・同タイミングで複数の会話をすることができない(誰かが喋っているときは誰かが黙っていないといけない)

普通の飲み会でもオンライン飲み会でも、それぞれ良さがあるのですが、個人的にはオンライン飲み会のほうが好みだったりします。

一番のメリットである時間を節約できるのが本当にありがたい。自分はお酒にあまり強くないので、お酒を飲んだ後の帰宅がガチでしんどいタイプなので、そのまま寝落ちできるのは最高だなと思っていました。ただ、その安心感からかついつい飲み過ぎてしまって遅くなることもしばしばあります笑

オンライン飲み会におすすめのアプリ

オンライン飲み会におすすめのアプリをまとめてみました。飲み会のシーンに応じて、いくつかのツールがあるので使い分けることをお勧めします。

ZOOM (ズーム)

ポイント

・最大100人まで同時接続が可能

・ミーティング時にURLを送るだけで相手が参加できるので簡単(*PCの場合はアプリのダウンロードがいらずブラウザだけで起動可能)

・会話している際の自分の背景画像を変更できたり面白い機能が多い

・画面共有機能が充実しており会話しながら絵しりとりなどができる

ZOOM (ズーム)は多くの企業で使用されている多人数通話が可能なテレビ会議ツールです。最大100人までがひとつのミーティングに同時接続することができるので多人数での飲み会(4人以上)にお勧めです。

自分は実際に最大で60人程度のミーティングを実施したことがありますが、その際でも音声の遅延などは全くなく快適に操作することができました。

PCで起動した際にはミーティング参加者の表情を一覧でみることができたり、発言者がわかるように発言者の表示をハイライトしてくれたり、円滑に会話を進められる仕組みが整っています。また会話をしながら同時にチャット画面からメッセージを送りあえるのも良いですね。

ZOOM Cloud Meetings

ZOOM Cloud Meetings

Zoom無料posted withアプリーチ

LINE (ライン)

ポイント

・最大200人まで同時接続が可能 (ただし通信が不安定になる可能性大)

・LINEアカウントは日本人ならほぼ全ての人がもっているので準備がいらない

・PC用アプリの動作が不安定のため基本的にはスマートフォンでの利用がオススメ (PCでもブラウザは非対応)

コミュニケーションツールとしては最早欠かせない、LINE (ライン) 。オンライン飲み会では比較的少人数(4人以下)での飲み会にお勧めです。

なぜなら、LINEは端末によって通話画面に一度に表示できる人数には上限があるためです。iOS版LINEは最大4名、Android版LINEは最大6名、PC版LINEは最大16名までとなっています。

基本的にLINEはスマートフォン用のアプリになるため、PCでの利用に向いていません。デスクトップ用のアプリも配信されてはいるのですが使い勝手がかなり悪く、日頃使い慣れていないと接続前にバタバタするかと思います。

また、ビデオ通話を実施した際にスマートフォンの場合でも正直、4分割が限界で、それ以上になる場合はかなり視認性が悪くなってしまいます。

そのため、スマートフォンを使って4人以下でサクッと飲み会をする場合には向いていますが、それ以上は難しいのが現状です。

LINE

LINE

LINE Corporation無料posted withアプリーチ

Facebook Messenger

ポイント

・最大50人までの同時接続が可能

・Facebookアカウントは日本国外の人なら持っている可能性が高いので準備の手間が省ける

・PCで起動する場合はブラウザ(Chrome)でもビデオ通話ができるので便利

LINEについで人気なFacebook Messengerでもビデオ通話によるオンライン飲み会をすることができます。特にFacebookは日本国外の人であれば、まず間違いなく持っているので、準備にあたってアカウント作成などの手間が掛からなくて良いですよね。

ちなみに2020年4月6日にFacebook Messengerのデスクトップアプリ版がリリースされています。こちらは使用感としてはブラウザ版とそこまで大きくかわらないので、ブラウザ版でも十分に事足りるかと思います。

Messenger

Messenger

Facebook, Inc.無料posted withアプリーチ

オンライン飲み会におすすめのツール

iPad

ポイント

・場所に制限されずに色んな場所に持ち込むことができる(ベッドで寝っ転がりながら会話できたりもできる)

・マイクの品質が良くて音をかなり拾ってくれる

・スピーカーの音量が大きいので2対2などの多人数でビデオ通話するのに向いている

オンライン飲み会にはiPadなどのタブレット端末が便利です。PCやスマートフォンでももちろん問題なくできるのですが、オンライン飲み会中って以外とPCで作業しながら参加したりすることもあるので、その時にタイピング音がうるさかったりすんですよね。別にタブレット端末でオンライン飲み会に参加することで、PCとタブレットで同時操作できるので便利です。

また、オンライン飲み会する時ってPCからだと下から上向きにカメラが向いて顔を写してしまうため写り的に良くない場合が多いです。しかし、iPadだと置く場所に制限がないので、カメラの位置を上から下向きに撮影することもできるので便利です。

【キャッシュレス5%還元店】Apple 11インチ iPad Pro Wi-Fiモデル 256GB MTXR2J/A シルバー Liquid Retinaディスプレイ MTXR2JA アップル【送料無料】【KK9N0D18P】

Airpods Pro

オンライン飲み会にはワイヤレスイヤホンがあると便利です。PCやスマートフォンでスピーカーにしながらやることもできるのですが、恋人やお子さん、親御さんと一緒に同居しているような場合では、スピーカーで大きな音をだすのも気をつかってしまいますよね。

また、PCのマイクは割と大きな声を出さないと拾ってくれなかったりするので、そんな時にマイク機能付きのワイヤレスイヤホンがあると便利でした。特に今期のAirpodsProはノイズキャンセリング機能がついており、かなりクリアに音声を聴くことができるようになっているのでお勧めです。

オンライン飲み会は流行る

会社の同期と2時間近くオンライン飲み会した時の様子
https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_4373-1.jpg
クラタ

リモートワークばっかで人とのコミュニケーション足りてなくてしんどいので同期でオンライン飲み会をしました。超楽しかった。

コロナウィルスの影響で不要不急の外出を自粛する声が高まっているなかで、なかなか外で飲みにいこうとは思えませんよね。そんな中でもインターネットさえつながっていれば気軽にできるオンライン飲み会は、コミュニケーション不足を解消するひとつの解決策かもしれません。

普段会えない遠くに住む友人を誘えるチャンスだったりするので、ぜひ試してみてくださいね。