【ミャンマー】朝焼けが絶景!バガン遺跡群への行き方【気球ツアーもあるよ】

https://kurachi009.com/wp-content/uploads/2019/08/nayamu_boy2.png
悩める人

ミャンマー旅行でバガンに行きたいんだけど行き方を教えてくれるサイトが無くてめっちゃ困ってる

と悩む方に向けての記事になります。週末を利用して深夜バスでバガンに2泊3日で行ってきたのでその時の様子を基に行き方をまとめてみました。バガン観光の参考になれば良いなと思っています。

ミャンマーに行くならスカイチケット!

スカイチケットはミャンマーを含む東南アジアの格安航空券を検索することができる便利なサイトです。
東南アジア旅行にとても便利なので是非使ってみてください。

ミャンマーの有名観光スポット「バガン遺跡」ってどんなところ?

「バガン遺跡」はミャンマーの現地人の間でもメジャーな観光地。ミャンマーで1000年頃に王朝として栄えた街に大小様々な1000以上もの寺院(パゴダ)が広がっています。バガン観光では、現代でも参拝地としてそのまま使用されている寺院のいくつかを、車やE-バイク(電動スクーター)でめぐっていきます。また、膨大な遺跡群を背景にのぼる朝日が有名で、雨季があけた10月からは展望台もしくは気球からその美しい絶景を眺めることが出来ます

ヤンゴンから「バガン遺跡」への行き方

日本からミャンマー旅行をする場合、多くの方がヤンゴン国際空港を利用すると思います。ヤンゴンから「バガン遺跡」への行き方は大きく分けてふたつあり、飛行機(国内線)による移動か深夜バスによる移動の2パターンを選ぶことが出来ます。(鉄道の手段もありますが未発達かつ長時間で現実的でないので除外しました)

ヤンゴンからバガン遺跡へ飛行機(国内線)で行く

POINT
費用:3万円(往復)
所要時間:1.5 ~ 2時間程度

ヤンゴン国際空港の隣に国内線のターミナルがあります。ここから国内線でヤンゴンからバガン(ニャウンウー)行きの飛行機に乗ることができます。

ミャンマーの国内線はミャンマー・ナショナル航空やカンボーザー航空などがありますが、飛行機のサイズや機内食ともにそこまで代わりありませんので、単純に飛行機の時間だけで便利な路線を選ぶと良いと思います。

飛行機の予約は各航空会社のサイトやスカイスキャナーで手配することができますが、ミャンマーの国内線は直前で時間が変更になったり運行中止になることがよくあります。

個人で手配する場合はリコンファームといって個人で航空会社に電話して確認することでこうした変更に対応することができます。ミャンマーの航空会社ではありますが、英語は通じます。このやり取りが不安な方は日系代理店に頼むとこの手続きを代行してくれるのでオススメです。

ヤンゴンからバガンへ夜行バスで行く

POINT
費用:8000円(往復)
所要時間:8時間程度

ヤンゴン国際空港の先にある長距離バスのターミナルからバガンに夜行バスでいくことが出来ます。夜行バスの運行会社は全部で4種類あり、いずれもオンラインでの予約ができます。フルフラット方のシートやリクライニング型のシートなど料金でいろいろ異なるので、好みのバスを選ぶと良いかなと思います。

バガン遺跡行き夜行バス会社の一覧

バガン遺跡群を探検

バガン地区には多数の遺跡群がありますがその中でも有名どこをピックアップしてみました。 どこの遺跡でも最高にフォトジェニックな写真を撮影することができます。

マハーボーディ寺院

450体以上の仏像が祀られている白い寺院です。細かなディティールと建物自体の巨大さに圧倒されます。入場料は特にかからず自由に出入りすることができます。

アーナンダ寺院

12世紀に創設されたバガン遺跡を代表する寺院です。寺院内に大小様々な小窓がありそこから差し込む日ざしがとても綺麗でした。

タビニュ寺院

高さ80m以上のバガン で最も高いと言われている寺院です。2019年6月に訪れた時点では2階にはいけなかったため、1階のみいくことができます。

バガン地区の遺跡以外の観光スポット

バガン地区は遺跡群のほかにいくつか観光スポットがあるのでそちらもご紹介です。

ポッパ山

お猿がたくさんいる山です。どの猿も観光客慣れしているので人がくると寄ってきます。入口付近でエサを購入できるので餌付けしたい場合は購入すると良いと思います。ただ、たまにオス猿で気性のサルがいるのと財布をエサが入っていると勘違いして奪いにくるので要注意です。

バガンビューイングタワー

バガン遺跡群を一望できるタワーです。朝5時から営業しており朝日を眺めることができます。入場料はXXチャットで入口で支払います。バガン遺跡群から昇る朝日はミャンマーでもかなり有名で大地の色とあいまって全てがオレンジに染まるので必見です。

バガン地区での移動手段

バガン地区ではいくつかの移動手段があります。バガン地区自体が広大な土地かつ炎天下の中で徒歩で移動するはかなりハードですので、いずれかの乗り物を利用するのがおすすめです。

貸切タクシー

POINT
費用:6000円/日~

1日の平均最高気温が35度を超えるミャンマーで徒歩で観光は過酷です。とくにバガン地区は開けた場所がおおく日差しをさえぎるようなものがあまりないのでかなり暑い。バガンの広大な土地を移動するには、タクシーを貸し切ることがオススメです。

空港周辺やバスターミナル周辺にタクシードライバーがいるので、そこで交渉することも可能ですが英語が通じない場合が多いのでオススメはしません。交渉する場合は1日80,000チャット程度が相場かと思います。

値段は張りますが日本からの旅行者であれば渡航前にオンラインサイトから予約するのが無難かなと思います。HISやベルトラからでもチャーターできますので申し込んでおくと楽かと思います。

電動バイク

POINT
費用:8000チャット/日~

ホテルの受付や路上のバイクレンタルショップで電気で駆動するモーターバイクを借りることができます。大体値段は1日レンタルで8000チャット程度です。ガソリンで駆動するバイクとは異なり免許等は必要なく、誰でも運転することができます。2輪車の運転をしたことがなくても借用時に運転方法をスタッフが教えてくれますので安心です

バガン遺跡ツアー

バガンはミャンマーでも有数の観光地なのでいくつかの観光ツアーが開催されています。

特に雨季があけた10月以降は名物の「バガン遺跡群からのぼる朝日」が見れるようになるため、多くの観光客が訪れます。上記の移動手段を使うことで自分達で回ることもできますが、ツアーを使うと手間と時間を省くことができます。

自分達で航空券/ホテル/移動手段を全て手配した時よりも+1万円程度の価格で、まるっと代行してもらえるのでお金に余裕があればツアーを選んでも良いかもしれません。

また、タワーからバガンの景色を一望することもできますが、熱気球を使って空から眺めることもできます。いくつかのツアー会社で航行をしているので空き状況をみて申し込むのも良いかもしれません。ただ、費用はたかく最低でも3万円程度かかります。

バガン遺跡群はミャンマーでも屈指の観光地でフォトジェニックな場所もいっぱいあるのでぜひ行ってみください。

ミャンマーに行くならスカイチケット!

スカイチケットはミャンマーを含む東南アジアの格安航空券を検索することができる便利なサイトです。
東南アジア旅行にとても便利なので是非使ってみてください。