【おすすめ】海外旅行好きが考える安くてコスパの良い国5選【ランキング】

悩めるひと

海外旅行には行きたいけど出来るだけ費用を抑えてコスパよく旅行したい!

という悩みに答えるための記事になっています。仕事とプライベートで海外を行き来する機会が多く、何回か渡航する中得た経験則をまとめたいと思います。また、自分が実際に海外に安さ重視で渡航する際の方法もまとめたいと思います。

1. 海外旅行で安い国を見つける方法

日本からの海外旅行で安い国を見つける方法はひとつだけ「アジアに渡航すること」です。特に予算が5万円未満の場合は欧州や北米等の国に渡航することはまず無理です。日本の物価は欧州や北米等と比較すると安い方ですが、アジア圏と比較するとまだまだ高いのが現状。移動に掛かる費用を抑えて、現地での滞在も楽しみたい場合は、アジア圏に行くことが最もコスパが良いと言えます。

悩めるひと

アジアなんて行っても日本と変わらないしつまらないんじゃないの?

と思う人も多いかと思うので「異文化を感じられて、かつ、アクティビティも充実している国」をピックアップしてみました。費用を抑えたいっていっても万単位のお金使って海外に行くのなら絶対に失敗したくないですよね。そんな人にとっての解決策になれば良いなと思っています。

2. 海外旅行で安くておすすめな国をご紹介

ベトナム

POINT
移動時間:4.5時間
予算目安:5万円

海外旅行として東南アジアを渡航する際に代表的な国がベトナム!物価も日本と比較して安く、フォーをはじめとするベトナム料理も日本人の口に合うので人気です。また、自然が豊富なところも魅力のひとつ。国内の各所で海、山、川のそれぞれの自然を満喫することができます。

ホーチミンが首都で有名ですが、個人的な旧都市のハノイの方がおすすめ。ホーチミンと比べて人の雰囲気も柔らかく、なにより世界遺産に登録されているハロン湾やTamcoc等の自然がいっぱいあります。アクティビティとして、バンブーボートやカヤックを使った川下り等のアクティビティも楽しめるのでオススメです。

ベトナム旅行記はコチラ

【ベトナム】シンツーリストツアーでハロン湾を周遊してみた【ハノイ】 【ベトナム】ハノイの穴場観光スポット!Tamcoc(タムコック)で川下りしてみた【世界遺産】

タイ

POINT
移動時間:5時間
予算目安:5万円

グリーンカレーをはじめとする独創的なスパイスを使ったタイ料理や、身体をバキバキっと音を鳴らしながら施術する個性的なタイマッサージ。東南アジアにあまり海外旅行したことの無いかたで、タイがあまり発展してないんじゃないかと勘違いされている方もいますが、全然そんなことありません。首都であるバンコクに関しては、ほぼ日本の都心と変わりないくらい快適に過ごすことができます。また、エンタメも豊富でカリプソという海辺のレストランでは本格的なニューハーフショーを観ることができ、バンコク市内では多数のクラブがあるので朝まで遊ぶことができます。

タイ旅行記はコチラ

【タイ】ワットポーとワットアルンとワットパクナムの寺院を一気に回ってみた【バンコク】

フィリピン

POINT
移動時間:6時間
予算目安:6万円

青い海と白い砂浜のビーチリゾートが有名なフィリピン。語学留学でセブに滞在している際に実際にフィリピンに点在している島々に訪問してみましたが、噂に違わず本当に綺麗な海でした。また、Lantawという個性的なレストランがおすすめです。ひとつはトップスという山の山頂にあり壮大な景色を眺めながらディナーを食べることができます。また、もう一つは海上にあり壮大な海を眺めながらディナーを食べることが出来ます。

ミャンマー

POINT
移動時間:8時間
予算目安:6万円

金色に光る寺院と古代遺跡群越しにみえる夕陽をみることができるミャンマー。首都はマンダレーですが旧都市であるヤンゴンの方が栄えています。ミャンマーは多民族国家なので様々な文化がミックスされた料理を楽しむことができます。特に中国文化の影響を強くうけたシャン料理は日本人の味覚にもあうためとても美味しいです。観光地が国内のいくつかの場所に点在しているためパッケージツアーを利用する方がおすすめです。

ミャンマー旅行記はコチラ

【ミャンマー】ヒルトンガパリリゾートに泊まってみた【ガパリ】 【ミャンマー】アメイジングガパリリゾートが最高すぎた【ガパリ】 【ミャンマー】寂しいので誰か遊びに来て欲しいからミャンマーの行き方を書いた【旅行】 【ミャンマー】神秘の絶景!ゴールデンロックへの行き方【チャイティーヨーパゴダ】

香港

POINT
移動時間:3時間
予算目安:3万円

日本から3時間の空路移動で到着するのが魅力な香港。また、成田空港から香港行きのLCCが複数便運航されているので安価に渡航することができます。香港の魅力はなんといっても夜景と食事!ヴィクトリアピークからみる景色はとても綺麗でおすすめです。また、夜の九龍半島の飲み屋街は観光客と地元の方でとても賑わっており、街をぶらぶらしながら飲み歩くのも楽しいです。船を使えばマカオとセットで行けるので周遊してみても楽しいかもしれません。

香港旅行記はコチラ

【中国】香港市内のおすすめ観光スポットを男3人で巡ってみた【香港】 【中国】水上レストランが高級すぎて一皿しか注文できなかった件【香港】 【香港】マカオ市内にあるパワースポット「聖ポール天主堂跡」の周辺を巡ってみた【マカオ】

台湾

POINT
移動時間:3時間
予算目安:3万円

香港と同様に成田空港から多数の香港行きのLCCが複数便運航されており、格安で海外旅行することができます。親日国なのでレストランでも普通に日本語で挨拶されたりします。台北では九扮という山の斜面にある赤提灯で有名な屋台街や、十扮という地区でランタンを空に飛ばしたり体験をすることができます。あまり知られていませんが、台南の方まで足を伸ばすとダイビング等のマリンスポーツを楽しむことができます。

3. 安くてお得な海外旅行がしたいならアジア圏1択

費用を抑えて安く海外旅行に行くなら間違いなくアジア一択です。航空券の価格を抑えることと物価差を利用することで、ちょっとリッチなホテルに泊まったりプチ贅沢をすることができます。

また、欧州に行く場合も直行便でいくよりはアジアを一度経由するとお得にいけることもしばしば。特にお盆やGWの繁忙期シーズンは祝日が異なるアジア圏に一度でてしまって、アジアから欧州に渡航することで安くいくことができますよ。